忍者ブログ
トランプ氏は2020年の大統領選で再選される可能性が高い(転記記事)

---転記始め---

トランプ氏は2020年の大統領選で再選される可能性が高い

May 21 2017

著:Musa al-Gharbiコロンビア大学, Paul F. Lazarsfeld Fellow in Sociology)

 多くのアメリカ人はトランプ大統領を好きではない

AdChoices
Advertisement

 トランプ大統領は2020年の選挙でも再選される可能性が高い。

 この2つが同時に成り立つのは、いったいどういうことか?答えはこうだ。

 人は現状に不満がある時でも、その状況が変わるのを拒む傾向がある。私の研究分野である認知科学と行動科学ではこれを「デフォルト効果」と呼んでいる。

 この特質を活用しているのがソフトウェアおよびエンターテインメント企業だ。消費者からできるだけ多くのデータを収集するためプログラムを強化し、またインターネット配信番組を「もう1話見たい」と思わせる手法を使って視聴者離れを防いでいる。企業が集めた情報がどのように使われるのか、また利用者の選択がコントロールされているのでは、という懸念が広がっているにもかかわらず、設定の変更を行っているユーザーは全体のわずか5%だ。

 デフォルト効果は、アメリカの政治をかたどるのにも大きな力を発揮している。

◆さらに4年
 フランクリン・D・ルーズベルト氏は、世界恐慌から第二次世界大戦までの間に4期連続でアメリカの大統領を務めた。未来の指導者が無期限に権力を保持、強化するのを防ぐために可決されたのが米国憲法修正第22条だ。それ以降、アメリカの公職者の任期は最大2期まで、と制限された。

 それから11名の大統領が生まれている。

 そのうち、再選の機会を得たのが、ハリー・トルーマン、ドワイト・アイゼンハワー、ジョン・F・ケネディ/リンドン・ジョンソン、リチャード・ニクソン、ロナルド・レーガン、ビル・クリントン、ジョージ・W・ブッシュ、そしてバラク・オバマの8政権だ。

 1期で退陣した3政権でさえも、在任期間の基準をよく明示している。

 もし1976年にフォード氏が勝利していたら、共和党が3期連続で政権を握っていたことになる。また、ジョージ・H・W・ブッシュ氏が1996年に再選されていたら、共和党政権が4期にわたって続いていたはずだ。

 1932年以来、政権を握った政党がそれを8年未満で手放した例は1度しかない。1976年から1980年まで続いた民主党のジミー・カーター政権だ。

 つまり、大きな問題となるのが、トランプ氏が今アメリカの政治のデフォルトになっているということだ。この視点からシンプルに考えると、彼は再選される可能性が高いことになる。

◆人気が過大評価されている
 トランプ氏の支持率は記録的に低かったにもかかわらず、わずかな不人気の差でヒラリー・クリントン氏を倒し、大統領の座を手に入れた。恐らく彼は必要となれば、同じ妙技をもう一度見せることもできるのだろう。

 トランプ氏を当選させた有権者は、今後も彼を支持し続けていく。彼は就任直後の100日間で、小口の寄付を受け、再選のための資金を数百万ドルも調達した。これはバラク・オバマ氏の2倍の金額だ。そして、彼はすでにそれを活用している。主要な州で彼の業績を謳い、政治的なライバルを批判する宣伝を行うためだ。

 トランプ氏を好きだという人も、信用しているという人もアメリカにはほとんどいない。にもかかわらず、世論調査を見ると、彼は今のところ国民の期待以上の功績をあげていると受け取られているようだ。実際、ABCニュースとワシントンポストの調査によると、トランプ氏の支持率は低迷しているとはいえ、もし4月下旬にも再度選挙が実施されたなら、彼は選挙人投票だけでなく一般投票でも勝利することになるという。

 この点をさらに明らかにするため、アメリカ議会再選のパターンを検証する。

 第二次世界大戦以降、下院議員の再選率は約80%、上院議員は73%となっている。2016年の選挙の場合、議会の支持率はわずか15%だったにもかかわらず、再選率は下院が97%、上院が98%と通常をはるかに超えていた。

 デフォルト効果がもたらす作用、今期空席の議席があること、そして州政府を共和党が支配している現状によって、共和党は主要な下院選挙区を手中に収めていると言える(編注:議会に空席がある場合、州知事が代わりの議員を指名できる)。2018年の下院選挙で民主党が過半数を超えることは非常に難しいだろう。上院はなおさらだ。

◆トランプ氏でなければ…誰?
 デフォルト効果により、最も重要になるのは国民が「現状についてどう感じるか」ではなく、「代替候補についてどう感じるか」ということだ。

 カーター氏の敗因は支持率の低さだけでなく、対抗馬がロナルド・レーガン氏だったこともある。「ギッパー」の愛称を持つレーガン氏は知名度や信頼度も高く、メディアにも精通していた。当時の政府は彼の政策を「ブードー(魔術的)経済学」などと嘲り、一笑に付した。しかしアメリカ国民はレーガン氏を明確なビジョンを持ち、人の心を打つリーダーであると受け止めた。その結果、彼は2期連続で圧倒的勝利を収めたのだ。

 トランプ政権の野党は、はるかに分が悪い。この十年間、民主党の支持者は減少していった。民主党員というのは、トランプ氏や共和党員と比べ、平均的なアメリカ人の「実態がわかっていない」と見なされてきた。しかし、民主党全国委員会(DNC)のキープレイヤーは依然として党基盤戦略の実質的な変革を嫌っている。それゆえ、民主党がどのように連携を拡大していくのか、あるいはいかにしてそれが侵食されていくのを防ぐのか、は不透明なままだ。

 トランプ大統領がカーター氏の二の舞になることはなさそうだ。カーター氏以外の近代の大統領に近いように思える。

 たとえば、1948年に行われた選挙で、トルーマン大統領の支持率は約39%だった。しかし、ライバルのトーマス・デューイ候補に一般投票で200万票以上、選挙人票で114票以上の大差をつけて勝利した。トルーマン大統領は主要な州や地区で熱狂的な選挙集会を開いており、選挙期間が終盤に近付くにつれてその度合いはさらに増していった。しかし彼の支持基盤は世論調査の数字にはうまく反映されず、メディアはこれを読み違えた。その結果、寝耳に水ともいえる彼の勝利に、誰もが驚いたのだ。どこかで聞いたことがある話ではないか

 リチャード・ニクソン大統領もまたトランプ氏を彷彿とさせる。在任中のニクソン大統領は、メディアに嫌われていた。彼は偏執的でナルシストで、しばしば度量の狭い男だった。にもかかわらず、ニクソン氏は1972年、一般投票の得票率で22%上回り、選挙人票獲得数500以上というアメリカ史上に残る得票差で再選を勝ち取った。

 周知のとおり、ニクソン大統領は最終的に弾劾の危機に面し、辞任することとなった。しかし、それは彼が最高裁判所に抜本改革を行った後のことだ。最高裁判所はその後、長きにわたり劇的に右傾化した。この点において、トランプ大統領は既に着々と我が道をまい進中だ。

 そしてニクソン大統領同様、トランプ氏が弾劾されるとしても、それは再選を果たしてからの話になるだろう。

 大統領弾劾には議会の過半数の賛成が必要だ。さらにトランプ氏を訴追するためには、上院で出席議員の3分の2以上の同意が不可欠となる。

 ニクソン大統領が弾劾に直面したのは、再選挙で大勝利したあとでさえ、民主党が両議院を支配していたからだ。クリントン大統領は1998年共和党制の下院で弾劾されたが、上院での共和党議席が55議席にとどまっていたため、訴追は見送られることとなった

 共和党員が大量に脱落しない限り、民主党が単独で大統領罷免に必要な3分の2以上の議席を上院で獲得し、トランプ氏を弾劾するといった立場になることはないだろう。 2018年に行われる選挙でもこの現実は変わらないはずだ。

 つまり、トランプ氏は最初の任期を生き残り、再選される可能性が高いと予想できる

 ジョージ・W・ブッシュ氏の例を考えてみよう。ブッシュ氏はトランプ大統領同様、一般投票では負けたものの、その後選挙人投票で勝利し、大統領に就任した。大統領在任中、ブッシュ氏の政策は、選挙キャンペーン時の公約から大きく外れていた。彼は恥ずべき失敗を重ねた。彼は無知であり、国のリーダーにふさわしくない、と広く批判された。人選が適切だとは言えない顧問に大きく頼らねばならない状況で、彼は現代アメリカ史上最悪の外交政策を指揮し、そして失敗した。大統領在職中に彼が行ったことの多くは、法的にも疑念の余地が残る。しかし、彼は2004年、健全なる350万票を得て、再び大統領の座を勝ち取ったのだ。その理由の1つは、民主党側の候補にジョン・ケリー氏が指名されたことだ。

 ケリー候補は広い見識を持ち、大統領としての資質も高かった。しかし、いかんせん彼はカリスマ性に欠けていた。彼の政治アプローチは慎重で実利的だったが、それがブッシュ氏と比較すると弱気で優柔不断だと映ったのだ。ブッシュ氏の長年にわたる在職期間中にこの問題は悪化し、ブッシュ反対派の多くが彼を「フリップフロップ(朝改暮変)」だと強く主張し、確固たる信念や、決意、展望がないことを示した。

 2020年の総選挙で、民主党が単純に誰か「成熟した大人」を指名することで勝とうと考えても、それではまた黒星が一つ増えるだけだ。

 トランプ氏を第二のジミー・カーターにするなら、政権の失敗を待つだけでは不十分だ。民主党が彼を追い落とすなら、新たなロナルド・レーガンを生み出す必要がある。しかし今のところ、先行きはあまり明るくない

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.
Translated by isshi via Conyac
photo Gino Santa Maria/shutterstock.com
The Conversation


---転記終わり---

   ・転記元は「トランプ氏は2020年の大統領選で再選される可能性が高い」(ここ をクリック emoji

拍手[0回]

PR
【2019/06/04 17:46 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
悪人には必ず、天罰が下る ❣

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)は地球温暖化問題の元凶国だ!!ここ をクリック emoji)の記事に記載の通り、
---転記始め---
「エネルギー産業がもたらしたテキサスの発展」( ここ をクリック emoji )を見ると解る通り、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )は、20世紀最大級の産油国 であった emoji
---転記終わり---

上記に記載の通り、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )は、20世紀最大級の産油国 であった にも拘らず、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )は、世界中から石油を輸入していた。

即ち、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )は、世界最大級の石油の消費国であった emoji

従って、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )は、20世紀最大の二酸化炭素の排出国であった。

簡単に言えば、現在の地球温暖化問題の元凶国である ❣

だが、世界は、現在の地球温暖化問題の深刻度に配慮して、
現在の地球温暖化問題の元凶国である、 新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )の地球温暖化問題における責任を棚上げにして、パリ協定で合意した ❣

ところが、
現在の地球温暖化問題の元凶国である新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )の、新大統領に就任した、トランプ のジョーカー は、

この様な真実を知らぬ幼稚園児なので、

アメリカファースト」と、ほざき、

現在の地球温暖化問題の元凶国として、負うべき責任を取るどころか

「中国には石炭を採掘する権利があるのに、( シェールオイル 、シェールガス を産出し続けて、大気中に二酸化炭素をバラ撒き続ける)、
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )に、
に石炭を採掘することが認められないことはフェアじゃ無い。」
と、ほざき、

シェールオイル 、シェールガス を産出し続けて、大気中に二酸化炭素をバラ撒き続ける、
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )が、「フェアと思うことが出来る。」程、
アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、新たな国際条約の締結 を目指す emoji、と宣言した emojiemojiemoji

これ程、身勝手な、ジコチュー国家である、
現在の地球温暖化問題の元凶国新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )の、トランプ のジョーカー が、パリ協定からの離脱を宣言した emoji

パリ協定の加盟国は、直ちに、これ程ジコチューな主張に、執着する、
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )を、パリ協定から排除する必要がある emoji

パリ協定の加盟国は、直ちに、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )の、
パリ協定からの離脱を了承した上で、

「パリ協定から離脱を宣言した国については、パリ協定への再加盟を認めない。」
と言う規約を制定して、

現在の地球温暖化問題の元凶国でありながら、今なお、シェールオイル 、シェールガス を産出し続けて、大気中に二酸化炭素をバラ撒き続ける、
地球温暖化問題の元凶国
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )を、
永久にパリ協定から排除すべし emojiemojiemoji

パリ協定に加盟する国々は、

パリ協定から、
地球温暖化問題の元凶国である、
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )を、
永久にパリ協定から排除した後は、

大気中の二酸化炭素の削減方法 と言う、私の大発明の特許を待てばよい

私の大発明 emoji
大気中の二酸化炭素の削減方法 の特許が成立すれば、

私の大発明を利用して、大気中の二酸化炭素を削減することができる

大気中の二酸化炭素を削減すると、

地球温暖化問題は、解決する emojiemojiemoji

パリ協定からは、ジコチュー国家
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )を
を排除済みであるから、

私の大発明を利用して、大気中の二酸化炭素を削減することができる

言い換えれば、

私の大発明を利用して、二酸化炭素 排出権を生産できる ❣



この時、

現在の地球温暖化問題の元凶国でありながら、今なお、シェールオイル 、シェールガス を産出し続けて、大気中に二酸化炭素をバラ撒き続ける、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )に拠る、

二酸化炭素排出権の買い占めを排除できる ❣ )を

こうして、

地球温暖化問題の解決を妨害される心配は解消する emoji

但し、ブラック企業 である、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 は、私の大発明の特許出願を妨害すべく、私の大発明の特許願いを盗み出そうと謀って、

私がヤマダ電機で購入した東芝 製ノートパソコンにウィルスを仕込んだ ❣


天網恢恢疎にして漏らさず
この様な犯罪に加担した、東芝 にも、天罰が下った ❣


これ程、卑劣極まりない、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 には、天罰が下り、
極悪犯罪企業 三菱重工 は、2兆円に及ぶ隠れ負債を抱えて
企業破綻した ❣

拍手[0回]

【2019/05/31 19:54 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
「昭和元年と昭和64年の長さがほぼ等しい」というお話 ❣

平成が終わり、令和が始まりましたが、

平成の前の元号である昭和について、調べました ❣

---転記始め---

昭和(しょうわ)は、日本元号の一つ。大正の後、平成の前。大化以降246番目の元号。昭和天皇の在位期間[1]である1926年(昭和元年)12月25日から1989年(昭和64年)1月7日まで。

ここでは、グレゴリオ暦西暦)において20世紀の大半を占める昭和時代についても記述する。

---転記終わり---

   ・転記元「ウィキペディア フリー百科事典 『昭和』」(ここ をクリック emoji


上記に転記の通り、
昭和は、1926年12月25日から1989年1月7日までです。

驚くことは、
昭和元年は、12月25日から12月31日までの、6日間であり、
昭和の最終年である、昭和64年は、1月1日から1月7日までの7日間で、
ほぼ等しいと言うことです ❣

つまり、昭和元年と、昭和の終わりである、昭和64年は、ほぼ等しい日数であった事実です。

驚くべき事実だと思いませんか ❓

拍手[0回]

【2019/05/30 19:42 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
ユダヤ人を救った日本軍人樋口季一郎 偉大なるゼネラル、ヒグチ(転記記事)

---転記始め---

1937年12月26日、第1回極東ユダヤ人大会が開かれた際、

関東軍の認可の下、3日間の予定で開催された同大会に、

陸軍は「ユダヤ通」の安江仙江陸軍大佐をはじめ、

当時ハルピン陸軍特務機関長を務めていた

 

 

樋口(陸軍少将)らを派遣しました

 

この席で樋口氏は、

前年に日独防共協定を締結したばかりの同盟国である、

ナチス・ドイツの反ユダヤ政策を、

「ユダヤ人追放の前に、彼らに土地を与えよ」と、

間接的に激しく批判する祝辞を行い、

列席したユダヤ人らの喝采を浴びました。


大東亜青年会の虎
2万人の命を救った、樋口季一郎氏

 

これを知ったドイツ外相のヨアヒム・フォン・リッベントロップは、

駐日ドイツ特命全権大使を通じてすぐさま抗議しましたが、

上司に当たる関東軍参謀長・東條英機氏が樋口氏を擁護し、

ドイツ側もそれ以上の強硬な態度に出なかった為、事無きを得ました。

 

1938年3月、5千~2万人のユダヤ人がナチスの迫害下から逃れる為、

ソ連~満州国の国境沿いにあるシベリア鉄道・オトポール駅まで、

避難していました。しかし、

彼らは亡命先に到達する為に通らなければならない満州国の外交部が、

入国の許可を渋り、足止めを食っていたのです。

樋口氏はこの惨状に見かね、ユダヤ人に対し、

直属の部下であった安江仙江・陸軍大佐や河村愛三・少佐らとともに、

即日給食と衣類・燃料の配給、そして要救護者への加療を実施、

更に膠着状態にあった出国斡旋、満州国内への入植斡旋、

上海租界への移動の斡旋等を行いました。(オトポール事件)


大東亜青年会の虎
上海の日本租界に逃れたユダヤ人

1942年(昭和17年)8月1日、

札幌に司令部を置く北部軍(のち北方軍・第5方面軍と改称)

司令官として北東太平洋陸軍作戦を指揮。

アッツ島玉砕、キスカ島撤退、

敗戦後の占守島、樺太における戦闘を指揮し、

占守島の戦いではソ連軍千島侵攻部隊に打撃を与えました。

 

その為、スターリンは当時軍人として札幌に在住していた樋口氏を、

「戦犯」に指名。

 

世界ユダヤ協会はいち早くこの動きを察知し、

世界中のユダヤ人コミュニティーを動かし、

在欧米のユダヤ人金融家によるロビー活動も始まりました。

世界的な規模で樋口氏救出運動が展開された結果、

ダグラス・マッカーサーはソ連からの引き渡し要求を拒否して、

樋口の身柄を保護したのです。


大東亜青年会の虎

樋口季一郎氏によって救出されたユダヤ人

 

戦後イスラエル建国功労者として安江氏とともに、

「黄金の碑(ゴールデン・ブック)」に、

「偉大なる人道主義者 ゼネラル・ヒグチ」と名前が刻印され、

その功績が永く顕彰されることになりました。

 

また、樋口氏が終戦前後まで指揮をとっていた部隊内では、

捕虜の虐待や戦争犯罪とみなされる事件は、

ただの一件も起きていないのです。

(以下省略)

---転記終わり---
   ・転記元は「この国のために」(ここ をクリック emoji )

拍手[0回]

【2019/05/27 18:26 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
なぜ韓国は「ライダイハン」に無関心でいられるのかーiRONNA(転記記事)

---転記始め---

関連テーマ

韓国がベトナムで犯した罪

「ライダイハン」。ベトナム戦争に派遣された韓国軍兵士が現地女性を性的暴行し、生まれた混血児を意味する蔑称である。ベトナム社会の片隅で生きる彼らは今も差別に苦しみ、その数は3万人にも上るとされる。韓国がベトナムで犯した罪。慰安婦問題でことさら日本だけを非難する資格などあるのか。

文字の大きさ

なぜ韓国は「ライダイハン」に無関心でいられるのか

『竹嶋渉』

読了まで12

 

 

 

竹嶋渉(元在韓ジャーナリスト)
 「他人がやれば不倫、自分がやればロマンス」。韓国で「自分に甘く、他人に厳しい」、つまり「身内びいき」や「ダブルスタンダード」を指して語られる言葉である。
 「ライダイハン」とは、「韓国系のベトナム人」を意味する言葉である。もともとはベトナム語で「Lai Đại Hàn(大韓)」と表記するが、韓国でも一般に広く用いられている。
 なぜ、韓国の隣国でもないベトナムに「韓国系ベトナム人」が存在するのだろうか。これは、韓国のベトナム戦争参戦が原因である。韓国は1964年からベトナムに派兵し、本格的にベトナム戦争に参戦した。ベトナムに赴いたのは韓国軍の軍人だけではない。軍人とともに数多くの労務者や韓国企業の労働者が特需を求めてベトナムに殺到した。大韓航空を傘下に収める「韓進」は軍需品の輸送で、「ヒュンダイ」の名で知られる「現代」は土木・建設分野で、今はなき「大宇」は繊維製品をはじめとする軍需品の生産で大きく飛躍した企業である。最盛期には、5万人の韓国軍がベトナムに駐留し、それに伴って韓国人労働者の数も2万人まで増加した。その過程で韓国人男性とベトナム人女性の間に数多くの「韓国系ベトナム人=ライダイハン」が誕生することになった。

南ベトナムの大統領官邸に突入した
北ベトナム軍戦車と兵士
=1975年4月(古森義久撮影)
南ベトナムの大統領官邸に突入した北ベトナム軍戦車と
兵士 =1975年4月(古森義久撮影)
 1973年のパリ平和協定に伴って韓国軍がベトナムから撤退し、75年の南ベトナム(ベトナム共和国)の崩壊とともに韓国企業や韓国人労働者もベトナムから撤収することになった。統一されたベトナムで「ライダイハン」は「敵軍との間に生まれた子ども」としてさまざまな圧迫や差別に直面することになった。ちなみに「ライダイハン(大韓)」の「」は「ハーフ」をあらわす接頭辞であるが、そこには多分に軽蔑の意味が込められている。
 現在、「ライダイハン」の正確な数は把握されていない。1500人から3万人までさまざまな数字が提示されているが、公式的な統計は現在も存在しない。その内幕については公にされていないが、強姦や売買春の他に、韓国人の「現地妻」が生んだ「ライダイハン」も相当数存在すると思われる。「ライダイハン」の居住地は韓国軍が駐屯していたホーチミン(サイゴン)、クィニョンなどであり、首都・ハノイにはほとんど居住していないという。

拍手[0回]

【2019/05/26 20:19 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>