忍者ブログ
「江戸時代の経済の中心地は大坂だった」から始まるお話 ❣

---転記終わり---



---転記終わり---
   ・転記元「大坂はなぜ『天下の台所』となったのか」(ここ をクリック emoji

上記のサイトをコピペしようとしても、コピペを妨害されて、 コピペできません ❣

これ程、心が狭く、卑劣極まりない、極悪非道の犯罪者 佃和夫 の何処を見て、

如何に解釈すると、

これ程、心が狭く、卑劣極まりない、極悪非道の犯罪者 佃和夫 が、

「矜持と言う言葉を大切にしています。」(ここ をクリック emoji)と、ほざくのか ❓

地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私には、

理解でき無いので、

地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私の原付の駐輪を妨害する為に、

地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私の原付の駐輪場所前の通路に、

オートバイを違法駐輪した、大馬鹿野郎の代理人となって、

訴えを起こしてきなさい ❣


上記の写真を見ても、

通路に、オートバイを違法駐輪した大馬鹿野郎の事実を認識できないのですか ❓

流石、

広島市内にある、世の役に立たぬ犯罪者の教育を教育目標に掲げる脩道精神ここ をクリック 目)修道高校 を卒業して、

バカとブスこそ東大に行け !ここ をクリック 目)の、馬鹿とブスの吹き溜まり東大 に進学した ❣

全く、世の役に立たぬ、バカである、

極悪非道の、極悪犯罪企業 三菱重工犯罪者  佃和夫 の、

世の役に立たぬ犯罪者の教育を教育目標に掲げる脩道精神ここ をクリック 目)修道高校 の後輩であるだけでなく、

バカとブスこそ東大に行け !ここ をクリック 目)の、馬鹿とブスの吹き溜まり東大 の後輩でもある、

山下江弁護士 だネ ❣



PR
【2018/12/18 18:56 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
2年前には倒産寸前だったシャープの液晶テレビが今、爆売れしている理由(転記記事)


---転記終わり---

(前略)

2年前には倒産寸前だったシャープの液晶テレビが今、爆売れしている理由

文・取材=A4studio 

(中略)

 2年前の凋落のイメージを覆すかのごとく、シャープの業績は好調だ。

 シャープといえば日本有数の大手電機メーカーであったが、経営危機に陥り、2016年に台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業に買収された。だが1月31日発表の2018年度第3四半期決算では、売上高が前年同期比22%増の1兆8294億円、営業利益は同約4倍の703億円という、V字回復といえる数字を叩きだしているのだ。

テレビが中国で爆売れ、存在感薄れていたスマホ復活


『シャープ「企業敗戦」の深層 大転換する日本のものづくり』(中田行彦/イーストプレス) なかでも液晶ディスプレイやテレビの販売を手掛けるアドバンスディスプレイシステム事業が注目を集めており、売上高は同38%増の8363億円。液晶テレビに関しては台数、売上高ともに約2倍で、各事業のなかで最も伸び率が高く、同事業がシャープ全体の売上高の約45%を担っている。鴻海グループの営業力を活かし、中国市場で劇的に販売台数を伸ばしていることが液晶テレビ爆売れの要因だという。

 また、携帯電話の分野でも国内シェアを伸ばしている。2017年の国内携帯電話端末のメーカー別出荷台数シェア(2月13日、MM総研発表)を見ると、圧倒的1位を獲得したのはiPhoneを擁するアップルだが、なんとソニー(3位)、京セラ(4位)、富士通(5位)をおさえシャープが2位となっているのである。シャープは昨年、フラッグシップモデルのブランドを「AQUOS R」に統一しており、ブランド力を高めたことが功を奏したようだ。

 かつての凋落劇から一転、このようなV字回復を成し遂げた理由はいったいどこにあるのか。また、今のシャープは果たして本当に「復活した」といえるのだろうか。

 今回は『シャープ「企業敗戦」の深層 大転換する日本のものづくり』(イーストプレス)の著者であり、技術者としてシャープに33年間勤務した後、現在は立命館アジア太平洋大学名誉教授を務める中田行彦氏に話を伺った。

鴻海流の経営に移行したことが間違いなく好調の要因


 V字回復を成し遂げたシャープだが、鴻海傘下に入ったことが、どの程度の影響力を及ぼしていたのだろうか。

「シャープのV字回復の要因は、鴻海流経営となったおかげです。そもそもシャープが鴻海に買収されるほど経営不振に陥っていたのは、以前のシャープが市場の変化に対応できていなかったためです。鴻海流の経営で現在の世界市場に対応するようになったことが、間違いなく現在の好調の理由です」(中田氏)

 その鴻海流の経営とは、「経費削減とスピード経営」だと中田氏は続ける。

「もともと鴻海は、アップルを重要顧客として持っているほど高い生産技術のある企業ですが、EMS(製造受託サービス)は利益率が非常に低く、自社ブランドもないといった点を課題として抱えていました。一方、シャープは研究開発に強みを持っている企業。そのため両者が組めば、シャープが研究開発し、鴻海が生産を担い、そして鴻海の販売網を使って販売をするといった強力な補完関係が生まれます。

(2ページ目)

 そして、このようなお互いの強みを発揮することにより、鴻海はシャープを1年以内に黒字化することを絶対的な目標としていました。そのために行われた経営戦略が経費削減とスピード経営です。まず、かつて日産自動車を復活させたカルロス・ゴーン氏を彷彿させる徹底した経費削減を敢行しました。また、買収前は月1、2回だった経営戦略会議を、事業部などの要請により随時開けるようにし、またテレビ会議システムや電子黒板を導入して、意思決定の迅速化を図ったのです。

 こうして、経費削減を行いつつスピード経営の体制を整えたことが、経営の黒字化という結果を招いたのです。鴻海の当初の計画通り、現在はシャープと鴻海がお互いの強みを補完しあって利益を出すところまでたどり着きました」(同)

それでもまだシャープは“完全復活”とはいえない


 鴻海流経営戦略により黒字へと転換したシャープだが、「シャープは復活した」といっていいのだろうか。

「まだ、“完全復活”とまではいえないでしょう。補完し合って利益を出すところまではきていますが、その先はどうなるのか、という問題があるためです。今はシャープと鴻海がそれぞれ得意分野を活かした、いわば分業で利益を出すことが多いのですが、“完全復活”のためには、シャープと鴻海が組んで新しいビジネスの価値を生み出す必要があります。

 シャープの元副社長で、世界初の手のひらサイズ電卓『QT-8D』の開発者としても知られる佐々木正氏が、常々口にされていた『共創(きょうそう)』という言葉があります。今のシャープに必要なのはまさにその『共創』であり、新しい価値を鴻海と共に創りあげていくことが必要だと私は思います。

 たとえば現在、シャープは2018年度の液晶テレビの世界販売台数を、シャープや鴻海の自社ブランドだけで1000万台とする計画を打ち出しています。これは、一番大きなマーケットである新興国に向けてテレビを販売しないと実現できないと考えています。そのためにはシャープが単体で4K、8Kのテレビをつくればいいというわけではなく、どういうマーケットに対してどういう商品をつくればいいのかを、鴻海と共創していかないといけないでしょう。それがシャープの今後の課題ではないでしょうか」(同)

自前主義のプライドを捨て、アジア諸国と連携すべき


 単にお互いの強みを補完し合うだけではなく、シャープと鴻海が共創しないと今後は厳しいということだが、近年の大手電機メーカーの不調はシャープだけに限った話ではない。

 日本のものづくり産業のあり方について、中田氏はこう述べている。

「日本はアジア諸国と提携したものづくりをしないといけない時代になってきています。かつて鴻海と共にシャープ買収に名乗りを上げた産業革新機構は、技術流出を防ぐために、ジャパンディスプレイ(JDI)と統合することで、『日の丸液晶連合』をつくろうと想定していましたが、今のJDIは破綻寸前の状態です。技術流出を恐れて、国内だけの自前主義でやっていこうとしていると、グローバル競争で勝つことができないのです。

 シャープが鴻海に買収された際、『日本企業が台湾企業に買収されて情けない』などとも言われていましたが、私はまったくそうは思いませんでした。日本の企業がアジアの企業とどう連携し、新しい価値を生み出していくのか、今後はそこが最も重要だと考えています」(同)

 鴻海によって生まれ変わったシャープのように新しい風を受け入れ、変わり行く時代に対応することが日本メーカーには必要なのかもしれない。
(文・取材=A4studio)

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2018/03/post_22754_2.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.



---転記終わり---

   ・転記元「Business Journal」(ここ をクリック emoji

【2018/12/17 20:08 】 | いいもの見つけた | 有り難いご意見(0)
和の建具の話と、トイレブース「Wavelet(ウェイブレット)U」が新発売されたことについて ❣

「和の建具」は、襖、戸襖です ❣ここ をクリック emoji

上記記事に記載の通り、

日本の建具は、引き戸です。

ですから、

日本のトイレドアが、引き戸であることも、
   ・「日本のトイレのドアは、スライド式に進化した ❣」というお話 は、ここ をクリック emoji

ある意味、当然と言えるのかもしれませんネ ❣

「和の建具」が、引き戸であった事実 と、

トイレブース「Wavelet(ウェイブレット)U」が、開発された事実 の 間には、

強い相関関係がある と言えるのかもしれませんネ ❣
【2018/12/16 17:52 】 | いいもの見つけた | 有り難いご意見(0)
商船三井など100社が、三菱重工に600億円請求(転記記事)

---転記始め---

三菱重工に600億円請求=商船三井など100社-貨物船沈没





三菱重工に600億円請求=商船三井など100社-貨物船沈没


2014年12月5日 時事通信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014120500811&g=eco



三菱重工業が建造した貨物船の沈没事故をめぐり、運航会社の商船三井や保険会社などが損害賠償を求めて三菱重工を東京地裁に相次いで提訴したことが、5日分かった。

東京海上日動火災保険や三井住友海上火災保険を含む約100社が提訴し、賠償請求額は合計約600億円に上る。原告側は貨物船に設計ミスがあったと主張している。

三菱重工の造船事業では、建造中の大型客船2隻でも作業の遅れや不具合が発生し、計1000億円を超える損失を計上している。今回の訴訟は、同社にとって新たな財務上のリスクとなる可能性がある。

貨物船「エムオーエル コンフォート号」は2013年6月、インド洋を航行中に船体が中央部で破断。乗組員は全員脱出したが、船体は積んでいた4382個のコンテナとともに海に沈んだ。

商船三井など原告側は、三菱重工が強度に余裕を持たせる設計をしなかったことが沈没の原因だと主張。また、11年にコンフォート号と同様の構造を持つ貨物船で船体が変形する問題が発生したのに、危険性を報告しなかった過失もあると指摘している。

これに対し、三菱重工は、貨物船を商船三井に引き渡す際の強度検査で問題は見つからず過失はない、として請求棄却を求めている。





-----------------------------------------------------------------------


---転記終わり---
   ・転記元「三菱重工に600億円請求=商船三井など100社-貨物船沈没」(ここ をクリック emoji
【2018/12/16 14:57 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
「三菱重、米原発係争で140億円支払いの仲裁命令」(転記記事)

---転記始まり---

Discover Thomson Reuters
2017年3月14日 / 09:05 / 2年前

三菱重、米原発係争で140億円支払いの仲裁命令

 3月14日、三菱重工業は、米国サザンカリフォルニアエジソン社(SCE)サンオノフレ原子力発電所で起きた放射性物質漏えい事故に関する仲裁裁定を受領したと発表した。写真は相模原同社工場で、昨年7月撮影(2017年 ロイター/Maki Shiraki)

[東京 14日 ロイター] - 三菱重工業 (7011.T)は14日、米国サザンカリフォルニアエジソン社(SCE)サンオノフレ原子力発電所で起きた放射性物質漏えい事故に関する仲裁裁定を受領したと発表した。

国際商業会議所(ICC)は三菱重に対し、損害賠償金などとして約1億2500万ドル(約140億円)をSCEに支払うよう命じる一方で、SCEに仲裁費用約66億円を三菱重に支払うよう命じた。

Sponsored

仲裁金額は三菱重とSCEの双方が発表した。SCEは、三菱重が製造した原発主要装置(蒸気発生器)が破損し、同原発の廃炉を決めるとともに、三菱重に約7600億円の賠償を請求していた。

三菱重側は契約上の責任上限は約1億3700万ドル(約160億円)と主張。三菱重は、今回の仲裁判断について、責任上限の有効性を認めたものと説明している。

三菱重によると、すでに引当済みの金額を加味すると、今回の仲裁裁定による2017年3月期業績への影響は軽微としている。




---転記終わり---
   ・転記元「三菱重、米原発係争で140億円支払いの仲裁命令」(ここ をクリック emoji



【2018/12/16 14:27 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
| ホーム | 次ページ>>