忍者ブログ
「犯罪者 佃和夫の名言」について ❣
恥知らずの、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 がほざいている恥知らずの言葉が、名言DBに載っているので、ご覧くださいネ emoji

---転記始め---

佃和夫の名言|ビジネスにおける矜持の重要性

私は矜持という言葉を大切にしています。人も企業も自信と責任を失ってはいけません。矜持を持って接し、双方の立場を理解してこそ信頼感が生まれます。

佃和夫 の経歴

佃和夫、つくだ・かずお。日本の経営者。三菱重工業会長。山口県出身。東京大学工学部産業機械工学科卒業、東京大学大学院舶用機械工学専門課程修了後、三菱重工業に入社。高砂製作所タービン技術部長、高砂製作所副所長、名古屋機器製作所長、取締役、産業機器事業部長、近畿コカ・コーラボトリング取締役、三菱重工業常務取締役海外戦略本部長などを経て三菱重工業社長に就任。そのほか、日経連副会長、成蹊学園理事業などを務めた経営者。


  

  

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最寄り駅から自宅に歩いて帰る際、「10分で行けるけど暗くて人通りのない道」と、「13分かかるけど繁華街で人通りの多い道」の2つの選択肢がある場合、私は必ず「13分かかる道」を通ります。道中の人、洋服、看板、新店など様々なものを毎日見続けることが、必ず仕事に活きてくるからです。要は目先のお金や時間にとらわれず、将来的な目線を持つべきという考え方。

組織内で働いている人がいかに前向きに「よし、やってやろう」「お客様がいるのだったら地の果てまで行ってやろう」という意欲を持てるようにするか、採用した人をいかに育成するかが経営陣の使命だと考えています。

未知の世界を進んでいくためには、「どうしたら自分を鍛えていけるか」を常に考え、すぐに実行に移していくこと。そうすれば、おのずと道もひらける。

「現在携わっている仕事より難易度の高いものを全面的に任せ、ギリギリまで追い込み、最後に支援する」。これが人を育てる原則だ。

誰でも自らの強みについてはよく分かっている。だが、たいていは間違っている。わかっているのはせいぜい弱みである。それさえ間違っていることが多い。

陰口からは、何も生まれませんが、人を褒めていることできっと良いものが生まれる。

人と人とは、完全にはわかりあえないのかな、と思っています。だから、相手に想像してもらうのではなく、きちんと気持ちを伝えあうのは大事なことではないでしょうか。

芸能界に関わるビジネスは一見華やかに見えるだけに、社員は自分自身が特別な存在で、人にはできない重要な仕事をしていると勘違いしがちです。しかし、それは間違いです。電話取りは下っ端の仕事とばかりに、自分の前で何度電話が鳴っても取らない社員に、私は雷を落とします。目の前の電話が鳴っているときぐらいは反射的に受話器に手を伸ばすような社会人としての常識を持つこと。これが、認められる会社への第一歩だと思っています。

交渉している相手が良い人物だと思うことが重要。相手に自分を好きになってもらうにではなく、自分から相手を好きにならなければ恋愛が成就しないのと同じです。

苦手な仕事を後回しにすると、嫌な気分を長く引きずり、他の仕事にまで影響を与えかねません。そうならないためにも、苦手意識のある仕事は細切れにして、さっさと手をつけましょう。

  

ページの先頭へ



---転記終わり---
   ・転記元 「佃和夫の名言|ビジネスにおける矜持の重要性」『名言DB』ここ をクリック emoji
PR
【2017/12/24 19:09 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<どうしようもないほど心が卑しい犯罪者 佃和夫の話!! | ホーム | 三菱病院 広島の閉院について ❣>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>