忍者ブログ
ジコチュー精神に満ち満ちた、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の話 ❣

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )は、

尽く(ことごとく)、ジコチュー精神に まみれた国だ ❣

自国が、鯨油が必要な時代には、

日本近海で、捕鯨を繰り返していた。

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )が、日本近海で捕鯨を繰り返していた事実を、

公表しているサイトがあります ❣

それは、「ジョン万次郎資料館」です ❣

本ブログにも転記している「ジョン万次の生涯」ここ をクリック emoji)を見ると、


天保12年(1841年)、14歳だった万次郎は仲間と共に漁に出て遭難。数日間漂流した後、太平洋に浮かぶ無人島「鳥島」に漂着します。万次郎達はそこで過酷な無人島生活をおくりました。漂着から143日後、万次郎は仲間と共にアメリカの捕鯨船 ジョン・ホーランド号によって 助けられます。この出会いが万次郎の人生を大きく変えることとなりました。

と、記されています。

ジョン万次郎は、無人島である、「鳥島」に漂着して、助けを待っていたところ、

鳥島の近くで、捕鯨を行っていた
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の 捕鯨船 ジョン・ホーランド号に、発見されて、助け出されます。

では、何故、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の 、捕鯨船 が、態々、日本近海に出かけて来て、捕鯨を行っていたのでしょうか ❓

その理由は、
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )では、膨大な量の鯨油を必要 としていたからです。

イギリスで始まった産業革命以降、
欧米では、夜間にも、仕事をするようになっていた。
この為、夜間の照明が大量に必要です。

では、当時の夜間照明は何であったのでしょうか ❓

それは、鯨油を燃料とする、ランプです ❣

---転記始め---



 館内は、西洋の17世紀後期の油灯ランプから20世紀初頭の石油ランプまで約200点展示しております。素朴な鉄、真鍮製ランプから貴重な機械仕掛けのメカンカルランプ、華麗な石油ランプ等西洋ランプの全貌が見られます。又、19世紀中頃、イギリスのヴィクトリア時代に生まれ、今では幻のランプといわれるフェアリー(妖精)ランプのコレクションは、種類と数において日本一を誇っています。ヨーロッパアンティーク家具に飾られたランプ達と語りあかりの文化を考えてみましょう。


アストラルランプ  1890年頃、フランス

 植物油や鯨油を燃料としたランプでドーナツ型の油槽を

バーナーより高い位置に置き、動力により植物油や鯨油

の燃料を供給し、机上に影が生じないよう工夫されている。

江戸時代後期オランダの使節により、日本の将軍家に

献上されたものもあります。
石油ランプ  1880年頃、イギリス

1859年にアメリカ・ペンシルベニアで石油が発掘されるや

ランプの燃料は動植物油から石油に変わり、瞬く間に西洋

各地や日本に石油ランプが普及しました。

19世紀後半はヨーロッパでガラス加工が著しく発達した

時代でもあり、各地においてガラス加工の粋を凝らした豪華

なランプが制作されました。

バーミーズガラスフェアリーランプ  1880年代、イギリス

ろうそくを光源としてつくられ、主として寝室や子供部屋など

で終夜灯として用いられたものです。


---転記終わり---

上記に転記した、アストラルランプ の説明を読んでください。

「植物油や鯨油燃料としたランプでドーナツ型の油槽を」

と、記されています。

この様に、欧米では、鯨油をランプの燃料として利用していた のです。

或は、

産業革命以降、
使用されるようになった、蒸気機関の機械油 としても、
鯨油が必要だった


この結果、
欧米では、膨大な量の鯨油を必要としていた。

この結果、

欧米 は、鯨油を採る目的 で、

捕鯨を繰り返した ❣

すると、

大西洋のクジラ資源 は、

瞬く間に 枯渇した ❣

この為、
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )は、

態々、日本近海までやって来て

捕鯨を繰り返すようになったのです

では、
この捕鯨船食料が無くなると、どうしますか ❓

或は、

捕鯨船燃料が無くなると、どうしますか ❓

この他にも、
日本近海では、時々 台風が来ます

その当時は、天気予報など無いので、
台風の接近は、予想できません。

台風が接近して、空が曇り始めて、
漸く、台風の接近に気付くのです。

台風の接近に気付いてから
台風から逃げる段取りをしなくてはなりません

つまり、

上記の場合には、
捕鯨船が、
食料や燃料を補給する為の港補給港が、必要です。
或は、
台風を避ける為の、避難港 が、必要です。

この為、

ペリーは、
日本に対して、

「開港を求め」 て、

大統領の親書を携えて
日本の浦賀にやって来たのです。

しかも、「1年後に、返答を受け取りに来る。」と言って、

二度も、来た。

上記の通り、

ペリーが、二度も日本に来た 理由 は、

捕鯨の為 です

しかも、

欧米には

クジラを食べる習慣は無い

ただ、鯨油を採るだけ で、

鯨肉は捨てていた

こうして、
クジラを乱獲した結果、

大西洋のクジラ資源は枯渇した

ところが、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の国民である、

イヌイットは、

鯨肉を食べる習慣がある

だから、
アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA政府 は、


新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の国民である、
イヌイット は、

昔から捕鯨を行

鯨肉を食べて来た歴史 があるので

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の国民である、
イヌイット には、

捕鯨の権利がある ❣

と、主張する ❣

ところが、
イヌイットと同様に、

昔から捕鯨を行

鯨肉を食べて来た歴史 がある

日本の捕鯨 には、

反対 し、

テロ支援国家である、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA国内に

本部を置く

シーシェパード が、

和歌山県 太地町で、

イルカ漁に反対して、

大暴れした ❣


イルカ とは、

小型のクジラ の事です ❣

言い換えれば、

シーシェパードが、

和歌山県太地町で、

行った、テロ行為 の数々は

反捕鯨が目的テロ行為 だ ❣

テロ支援国家 である

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )は、

環境テロ組織 である、シーシェパード支援 し続けた ❣

ところが、

私からのメールを受け続けると、

論理的且つ合理的な、私からのメールに反論できず、

国際捕鯨委員会 で、

裏工作を行い

「沿岸捕鯨再開」

議長提案 を出させた ❣

だが、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )が出した、

沿岸捕鯨再開案 では無かった為、

オーストラリア が反対して、

沿岸捕鯨再開案 は、通らなかった ❣

ところが、

天罰が下った ❣


オーストラリア沿岸でのサメ被害が増え


遂に、

オーストラリア政府 は、


沿岸捕鯨再開を主張し始めた ❣


これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の主張に耳を貸す必要がある訳 ❓

この様に、
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )は、

日本近海で、捕鯨を繰り返し、

日本近海のクジラ資源を枯渇させた ❣

これに対して、
反捕鯨国は、

日本が、
日本近海で、捕鯨を行わずに
北極海に来て、捕鯨をする のは、
オカシイと、主張する ❣

これはいかがなものか ❓

日本が
日本近海での捕鯨が出来なくなった理由 は、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )が、

鯨油を採る目的だけの為に、

日本近海で、捕鯨を繰り返した結果、

日本近海のクジラ資源を枯渇させたこと理由 である。

言い換えれば、

日本 は、
日本近海のクジラ資源が豊富 であれば、

態々、北極海にまで出かける必要など無い

この様な歴史 も知らずに、

日本の捕鯨にクレームを付ける

アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた

反捕鯨国ども ❣

この様に、

論理的且つ合理的な、論理に基ずく、私からの追及に窮した、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )は、

国際捕鯨委員会で裏工作 を行い、

「沿岸捕鯨再開」の議長提案を出させた ❣

これに反対して、

「沿岸捕鯨再開」の議長提案を潰した国が

オーストラリアだ ❣

天網恢恢疎にして漏らさず

「沿岸捕鯨再開」の議長提案を潰した国 オーストラリアにも

天罰が下った ❣

オーストラリアが、捕鯨に反対して、
オーストラリア沿岸での捕鯨を浸漬した結果、
オーストラリア沿岸のクジラが増えた。
そして、
オーストラリア沿岸のクジラを狙って、
サメがオーストラリア沿岸に集まって来た

この結果、
オーストラリア沿岸で サメ被害激増した ❣

そして、
オーストラリア は、

沿岸捕鯨再開を主張し始めた ❣

これこそ、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )が、

国際捕鯨委員会で

裏工作を行って、出させた、

「沿岸捕鯨再開」の、議長提案 に反対して、

「沿岸捕鯨再開」の実現を潰した

オーストラリア に下った 天罰 だ ❣

アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、主張には、

必ず、

天罰が下る ❣

犯罪者、犯罪国家には、

天罰から逃れる術は無い ❣
PR
【2018/08/05 19:19 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<趣味と飛行とガジェットと ( 転記記事 ) | ホーム | 「リコール対応の良否が企業存続に決定的に影響する ❣」(転記記事 ❣)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>