忍者ブログ
  • 2018.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.06
地球温暖化問題の元凶国である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)は、天罰を受ける!
ここ に記載の通り、

20世紀初頭に、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のテキサス州で、石油が発見されてから、石油の時代が始まった。

---転記始め---

テキサス州の石油ブーム: Texas Oil Boom)は、20世紀初期にアメリカ合衆国テキサス州で石油が発見されてから、劇的な変化と経済成長が起こった時代を指す言葉である。噴出時代: Gusher Age)とも呼ばれる。ボーモントの近くで発見された石油は、その埋蔵量が前例の無いくらいの量であり、アメリカ史の中でもほとんど無かったような急速な地域発展と工業化時代の火付け役となった。テキサス州は直ぐにオクラホマ州カリフォルニア州と並んで国内でも石油生産高の高い州になった。そして、アメリカ合衆国の石油生産高は当時のロシア帝国と並ぶようになった。1940年代になると、テキサス州は国内で最も生産高の高い州になった。世界の石油時代の始まりをこのテキサス州での石油ブームの始まりに置く歴史家も居る[1]

石油探査と投機を拡大させ始めた大きな「当たり」はテキサス州南東部でだったが、間もなく州全体で埋蔵量が確認され、北テキサス、東テキサスおよび西テキサスのパーミアン盆地でも油井が建設された。これに先立って19世紀にも限られた量の石油が発見されていたが、1901年にボーモント近くのスピンドルトップで発見されたものは全国的な注目を浴び、石油探査と開発を加速させ、それが1920年代以降まで続くことになった。スピンドルトップと、世界恐慌の始まり時期にあった東テキサスでのジョイナーの石油発見が、この変化の時代の重要な転換点となった。

この時代はテキサス州を大きく変革させた。20世紀への変わり目でのテキサス州は、特に大きな都市も無く、大半が田園部だった[2]。それが第二次世界大戦が終わるまでに、州内の工業化が大きく進み、都市の人口では国内20傑に入ってくるものがあった[3]。中でもヒューストン市はこのブームの恩恵を受けた最大の都市であり、その都市圏は世界でも最大級に石油精製石油化学プラントが集積される地域となった[4]。ヒューストン市は1900年時点で小さな商業中心に過ぎなかったが、その後の数十年間に国内でも最大級の都市となった。しかし、この期間ではテキサス州の全ての商業中心が変化しており、石油ブームが始まったボーモントとポートアーサーの地域も発展した。

この時代に最も影響力があった事業家といえば、ヒュー・ロイ・カレン、H・L・ハント、シド・W・リチャードソン、クリント・マーチソンの4人だった。彼らは州内および国内で最も富裕な者となり、政治的な影響力も大きかった。
---転記終わり---
   ・転記元ウィキペディアフリー百科事典 日本語版「テキサス州の石油ブーム」最終更新 2016年3月22日(火)12:30(UTC)[ここ をクリック emoji

上記に転記の通り、ヨーロッパのイギリスで始まった産業革命に拠り、石炭の利用が始まった。イギリスで始まった産業革命に拠り、蒸気機関の利用が始まり、まず、イギリスの炭鉱から採掘された石炭に拠り、蒸気機関を動かしていたが、その後、上記に記載の通り、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)で、多くの油田が発見されたことから、石炭よりも利用しやすい石油の利用が始まった。

こうして、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)で発見された多くの油田が産出する石油を燃やすことで、世界の産業勢力は、石炭中心のイギリスから、石油中心の新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に移った。
即ち、石炭中心のイギリスから、産油国である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に世界の中心が移って行った。
つまり、自国産の石油を使って、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)は、世界最大の工業国へと伸し上がってゆく。
言い換えれば、世界最大に二酸化炭素排出国へと成り上がってゆく。

つまり、現在の地球温暖化問題の元凶国は、20世紀最大の産油国であった新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)emojiemojiemoji

しかし、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の技術力では、大気中の二酸化炭素を削減することは不可能である上に、地球温暖化問題は全人類が抱える緊急課題であることから、現在の地球温暖化問題の元凶国である新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)だけでなく、世界中が協力することを定めた、パリ協定を締結した

それにも拘らず、現在の地球温暖化問題の元凶国である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)トランプ のジョーカー は、パリ協定から離脱して、20世紀最大の二酸化炭素排出国であるだけでなく、現在も、シェールオイル 、シェールガス を産出して、金儲け第一主義を貫く、地球温暖化問題の元凶国筆頭の地位を死守し続けている



これ程、現在の地球温暖化問題の元凶国であり続ける、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)トランプ のジョーカー は、パリ協定から離脱して、地球温暖化問題の元凶国である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に有利な条件の条約の締結を目指すとほざく



これ程悪辣な、地球温暖化問題の元凶国であり続ける、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に有利な条約を締結する国があってはならない

パリ協定の加盟国は、これ程ジコチュー国家である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に有利な条約は無い、パリ協定から離脱する とほざいた、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)パリ協定からの離脱 を速攻で承認すべし

そして、「パリ協定からの離脱を宣言した国には、パリ協定への復帰は認めない。」と言う規約を早急に制定すべし

我が大発明の特許出願を妨害する、ブラック企業である、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 は、早急に、刑務所にブチ込むべし



極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 が、刑務所にブチ込まれれば、地獄 の閻魔大王 のデスノート に、記載の通り、三日三晩、悶え苦しみ抜いた後、地獄 に堕ちるemojiemojiemoji



そして、地獄 の鬼どもの手で、地獄 の閻魔大王 の前に引きずり出されると、

地獄 の閻魔大王 は、浄玻璃の鏡 を見て、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 の犯罪の数々に相応しい地獄落ちを宣告するemoji

オケ!阿鼻地獄行きッ!!ここ をクリック emoji





PR
【2017/08/13 23:29 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<みんなで楽しむ隠里! | ホーム | いいもの見つけた(??)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>