忍者ブログ
地球温暖化問題の元凶国である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)を許すな ❣(転記記事)

---転記始まり---

「常に自国の利益だけを優先する国 ❣」それが、アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)だ!!ここ をクリック )には、日本が開発した、トロンと言う、優秀で、世界に無償で解放された、世界最高峰のOSを潰す為に、手段を選ばなかった、極悪非道の、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のやり方が書かれています



この様に、

ジコチュー国家である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)は、自国の夜間照明用の鯨油を採取する為に、江戸時代末頃、日本近海で盛んに、捕鯨を繰り返していた。



そして、ランプの燃料である鯨油だけを採取すると、肉は捨てていた



この様な、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に拠る、日本近海のクジラの乱獲 の結果、日本近海では、捕鯨ができなくなった ❣



この様な経緯から、戦後の食糧難の時代に、南氷洋での捕鯨が始まった。



これに対して、世界が、南氷洋での日本の捕鯨にクレームをつけるのであれば、江戸時代末頃に、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)が、日本近海のクジラ資源を壊滅状況に追い込んだ、乱獲の事実を、徹底的に糾弾すべし ❣






また、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)は、二十世紀最大級の産油国でありながら、石油を輸入し続け、石油を消費していた ❣

言い換えれば、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)は、現在の地球温暖化問題元凶国である ❣






従って、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)には、現在の地球温暖化問題を解決する義務がある ❣

だが、稚拙な、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の科学技術力では、地球温暖化問題を解決でき無いと知っているので、世界はパリ協定で合意した

それにも拘らず、地球温暖化問題の元凶国である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の、新大統領に就任した、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の新大統領となった、トランプ のジョーカー は、パリ協定からの離脱を表明しただけでなく、「シェールオイル 、シェールガス を産出して、大気中に二酸化炭素をバラ撒き続ける、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に有利な国際条約の締結を目指す 」と、ほざく



【エネルギー】石油産業の構造① -供給の歴史:石油企業と産油国の150年ここ をクリック )に記載の通り、

---転記始まり---

石油産業はアメリカで始まりました。1850年代、日本ではペリー来航で江戸幕府が右往左往していた時代、アメリカではすでに鯨油を用いたランプ灯が使われ始めていました。当時江戸近郊に出没するアメリカ船も鯨油獲得のための捕鯨目的だったと言われています。時は1858年、日本で日米修好通商条約が締結されたこの年、アメリカ東部ペンシルバニア州で、弁護士エベレス、事業家ビゼル、その他富裕層投資家によってセネカ・オイル社という企業が設立されます。この会社が狙ったものは当時、アメリカで存在が噂されはじめていた地下に眠る石油の採掘でした。この企業に一人の男が偶然、投出資者の一員、そして採掘責任者として採用されます。それがエドウィン・ドレークです。彼は、後に「世界で初めて石油を発掘した男」と呼ばれることになる人物です。」

---転記終わり---



上記に記載の通り、

石油産業は、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)で始まった。それにも拘らず、誰も、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)が、産油国である事実を知らないのは、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)が、世界最大級の石油消費国であるからだ ❣

言い換えれば、現在の地球温暖化問題の元凶国は、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)だ ❣




---転記終わり---
   ・上記記事の転記元は「地球温暖化問題の元凶国である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)を許すな ❣」(ここ をクリック emoji

PR
【2018/02/16 18:28 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<楽天市場でお買い物をお楽しみくださいネ! | ホーム | 一流企業は原発を建設する気が無い ❣」と言う事実をお確かめくださいネ ❣>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>