忍者ブログ
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)は大産油国である!

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)は、二十世紀に産油国として、石油を産出し続けて、大気中に二酸化炭素をバラまき続けた。

---転記はじめ---
東テキサス油田(East Texas oil field)は、アラスカ州を除くアメリカ合衆国本土で最大で最も豊富な埋蔵量を持つ、最盛期にブラック・ジャイアントの異名を誇った巨大油田テキサス州グレッグ郡中部、ラスク郡西部、アップシャー郡南部、スミス郡南東部、チェロキー郡北東部の一帯に位置する。1930年10月5日に発見されて以来、30,340本の油井が掘削され、14万エーカーの面積から52億バレル原油を産出した。当時としては桁外れの産出量を持つこの油田の影響で世界の原油価格は暴落し、中小の原油業者が次々と倒産、以後石油の産出を管理する制度が整った。
---転記終わり---
   ・転記元は「東テキサス油田」『ウィキペディアフリー百科事典 日本語版』(ここ をクリック emoji

上記に記載の通り、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)には、最盛期にブラック・ジャイアントの異名を誇った巨大油田がある。
この様に、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)は、20世紀の一大産油国であった。その為、燃費が悪い大型の自動車を自家用車として乗り回した。
世界一厳しい排出ガス規制が登場した理由も、産油国であるがゆえに、燃費が悪く、劣悪な排出ガスをバラまき続けるアメ車が走り回った結果、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の 大気汚染がひどくなった ことから、世界一厳しい排出ガス規制法案(マスキー法 が制定された emoji

従って、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー が、フェアな国際条約の制定を探るとほざくのだから、

世界は、荷壽世紀に大気中に二酸化炭素をばら撒き続けた、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)だけが、大気中の二酸化炭素の削減に努め、大気中の二酸化炭素削減を実現することを求める国際条約を結ぶべきだ

大気中の二酸化炭素の増加には全く関与してこなかった発展途上国も含めた世界中のすべての国が大気中の二酸化炭素の増加を抑えることを目指すという、パリ協定は、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー が、ほざくところのフェアな国際条約ではない。

それにも拘らず、世界は地球温暖化問題を重視して、地球温暖化問題の発祥には全く責任が無い、開発途上国も含めた世界中の国々が参加したパリ協定から、自分勝手に離脱した、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)を、パリ協定に復帰させる必要など無い。

世界は、現在の地球温暖化問題を招いた責任国である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)一国だけが、大気中の二酸化炭素の削減義務を負う、国際条約に切り替えるべきだ

幸い、現在の地球温暖化問題の元凶国である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー は、自らパリ協定を離脱して、フェアな国際条約の締結を目指すとほざいたのだから、
世界は、現在の地球温暖化問題を招いた責任国である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)一国だけが、大気中の二酸化炭素の削減義務を負う、国際条約だけしか受け付けないと言えばイイ

私は、大気中の二酸化炭素を削減する大発明を成した

世界第二位の二酸化炭素排出量を誇る、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)が、パリ協定から離脱しても、地球温暖化問題の解決の望みは消えてはいない

何故なら、私には、大気中の二酸化炭素を削減するという大発明があるemojiemojiemoji

従って、二酸化炭素の排出量を削減することを目指す、パリ協定が破たんしても、二度と、産油国である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)を国際条約に取り込む必要性は無い

二十世紀に、産油国として大気中の二酸化炭素をバラまき続け、現在の地球温暖化問題の元凶国でありながら、
自らパリ協定からの離脱を選び、更に、シェールオイルシェールガス を産出し続ける、アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)には、二度と、国際条約への加盟を認める必要など無い

パリ協定は、二十世紀に、産油国として大気中の二酸化炭素をバラまき続け、現在の地球温暖化問題の元凶国に対して、大気中の二酸化炭素の削減義務を課す、新たな国際条約に移行すればイイ

そして、パリ協定から離脱した、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に対しては、二十世紀に、産油国として、大気中の二酸化炭素を増加させた、責任を取らせる国際条約に改正すればイイ

更に、大気中の二酸化炭素を削減するという私の大発明を盗み出そうと謀って、私がヤマダ電機で購入した東芝製のノートパソコンにウィルスを仕込み、私の大発明の特許出願を妨害する、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 を刑務所にブチ込みなさい

そして、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 に拠る、大気中の二酸化炭素を削減するという私の大発明の特許出願を止めさせる

その結果、私が、大気中の二酸化炭素を削減するという私の大発明の特許を取得すれば、日本は、私の大発明を利用して、大気中の二酸化炭素を削減する。

そして、私の大発明を利用して大気中の二酸化炭素を削減することで生産する 二酸化炭素排出権 を、世界第二位の産油国であるサウジアラビアは、適正価格で購入できる。

また、世界第一位の産油国である、ロシアが、日本固有の領土である樺太並びに千島列島を日本に無償返還すれば、私の大発明を利用して大気中の二酸化炭素を削減することで生産する 二酸化炭素排出権 を、適正価格で購入できる。

だが、パリ協定から離脱して、地球温暖化問題の元凶国でありながら、更に、シェールオイルシェールガス の産出し続けて、地球温暖化問題の深刻化を謀り続ける、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)だけには、私の大発明を利用して大気中の二酸化炭素を削減することで生産する 二酸化炭素排出権 の利用を認めない

世界は、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のパリ協定からの離脱に慌てる必要はない

ただ、私の大発明の特許出願を妨害し続ける、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 を許すなemojiemojiemoji


大気中の二酸化炭素の増加については、全く関与してこなかった発展途上国も含めた世界中の国が参加すると定めたパリ協定は、
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー が、ほざくところの、フェアな条約であるはずがない

従って、世界中の国々は、
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に存在する、最盛期にブラック・ジャイアントの異名を誇った巨大油田をはじめとする数多くの油田から算出した石油を燃やして、大気中に二酸化炭素をバラまき続けた、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に対して、大気中の二酸化炭素を削減することを求める国際協調を締結し、世界中の国々が揃って、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に対して、大気中の二酸化炭素の削減の実現を要求するべきだ

これこそ、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー が、ほざくところの、フェアな条約の制定である。

大気中の二酸化炭素の増加には、全く責任が無い、発展途上国を含む、世界の国が大気中の二酸化炭素の削減に義務と責任を負う、パリ協定は、明白にフェアではない

アンフェアそのものである
従って、大気中の二酸化炭素の増加の主犯国である、アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)一国だけが、大気中の二酸化炭素の増加の責を負う国際条約に改定するべきである

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー が、パリ協定は、フェアな条約では無いので、フェアな条約の制定を目論むと、ほざくであるから、
大気中の二酸化炭素の増加の責任、並びに、大気中の二酸化炭素を削減する責任を、大気中の二酸化炭素の増加の責任を負う、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)が負う、国際条約の締結に向かうべきである

これこそ、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー が、主張するフェアな条約である

更に、世界第一の石油産出量を誇るロシアにも、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の十分の一程度の責任を課す。

これこそ、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー が、ほざくところの、フェアな条約の制定である

パリ協定などは、確かに、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー が、ほざく通り、フェアな条約ではない

幼稚園児である、トランプ のジョーカー を大統領に選出し、幼稚園児に、我儘なことをほざくことを許し続ける、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)には、幼稚園児である、トランプ のジョーカー が、ほざいた、数々の暴言の後始末をする責任がある

直ちに、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の科学者は、全力を挙げて、大気中の二酸化炭素の削減を実行しなさい

私が、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に要求することは、二酸化炭素排出量の削減ではない
「大気中の二酸化炭素の削減である」
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー が、パリ協定はフェアじゃないので、二十世紀に産油国として、二酸化炭素をバラまき続けた、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)にとって、フェアな条約の締結を謀るとほざいたのであるから、世界中の国々は、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に対して、フェアな国際条約の締結を要求するべきである
そして、全世界が、二十世紀に産油国として、大気中に二酸化炭素をバラまき続けた新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)一国だけに、大気中の二酸化炭素の削減を義務付ける国際条約を締結することこそ、
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の幼稚園児、トランプ のジョーカー が主張する、フェアな国際条約である

大気中の二酸化炭素の増加に全く責任が無い、開発途上国を含む、全ての国が、大気中の二酸化炭素の削減に協力することは、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の幼稚園児、トランプ のジョーカー が主張する通り、フェアな国際条約である訳が無い

大気中の二酸化炭素の削減義務は、大気中に二酸化炭素をバラまき続けた、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)一国が負うべき義務である
大気中の二酸化炭素の削減義務は、大気中に二酸化炭素をバラまき続けた、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の幼稚園児、トランプ のジョーカー がフェアな国際条約の締結を求めるとほざくのであるから、
パリ協定に参加する世界中のすべての国は、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のパリ協定への復帰を認めず、
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー が、主張する、フェアな国際条約、即ち、「二十世紀に産油国として、大気中の二酸化炭素の増加に励んだ、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)一国だけで、大気中の二酸化炭素の削減義務を果たす。」と言う新たな国際条約を結び、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)政府に対して、大気中の二酸化炭素の削減の実現を強く要求することだ
世界は、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の幼稚園児、トランプ のジョーカー の戯言を許す必要はない

強く、強く、主張して、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の幼稚園児、トランプ のジョーカー の戯言の責任を取らせるべきだemojiemojiemoji


PR
【2017/06/24 21:55 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<【動画有り】 三菱重工製の大型コンテナ船が沈没(その1) | ホーム | 「犯罪者は必ず天罰を受ける!」から始まるお話!!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>