忍者ブログ
極悪犯罪企業 三菱重工は、アメリカの原発事故の原因で賠償請求を受けるらしい!?

情報速報ドットコム

「政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイト」に記載されている記事を見ると、極悪犯罪企業 三菱重工が、アメリカの原発事故の原因となった蒸気発生器を製造した極悪犯罪企業 三菱重工に対して、約9300億円の損害賠償を求めているらしい
   転記元はこちらemoji


下記に転記の通り、
サンオノフレ原発の建設を負担した電力事業者の米サザン・カリフォルニア・エジソン社(SCE)など4社が三菱重工に75億7000万ドル(約9300億円)の損害賠償を求めているという事情がある。
この時期に、極悪犯罪企業 三菱重工が、燃費不正問題を起こした、リコール隠し自動車 三菱自動車に資金援助すると、アメリカの裁判所は、極悪犯罪企業 三菱重工に対して、75億7000万ドル(約9300億円)の損害賠償の支払いを命じる判決を出すことは間違いないemojiemojiemoji
ですから、三菱の天皇と称される、相川賢太郎 も、馬鹿息子 である、相川哲郎 が社長を務める三菱自動車の燃費不正問題に資金援助できないのですemoji


以下に転記しますので、ご覧下さいネemoji

2015.07.29 06:00|カテゴリ:原発関連コメント(51)

米国の原発事故、三菱重工に9300億円請求へ!三菱側は約168億円が上限と主張!三菱の蒸気発生器が事故原因に!


20150729052639aspiod1.jpg
2013年に当ブログでも「原発輸出で損害賠償連発!?アメリカの原発で放射能漏れ⇒アメリカ、製造元の三菱重工業に損害賠償請求」と取り上げたアメリカの原発事故ですが、この事故の原因となった蒸気発生器を製造した三菱重工に損害賠償を求めるとアメリカ側が発表しました。

報道記事によると、サンオノフレ原発の建設を負担した電力事業者の米サザン・カリフォルニア・エジソン社(SCE)など4社が三菱重工に75億7000万ドル(約9300億円)の損害賠償を求めているとのことです。
三菱側は損害賠償の金額は契約額である1億3700万ドル(約168億円)が上限だと主張しており、両者の意見は平行線となっています。

サンオノフレ原発での放射能漏れ事故は2012年1月に判明した物で、運転中の3号機と2号機の両方で配管の一部が破損して、微量の放射能が漏れているのが発見されました。
原発を所有する電力会社は行政手続きに時間がかかることや補修費用などが多額になることなどから原発の再開を断念し、その費用を損害賠償として三菱側に請求すると発表。

今回の75億7000万ドル(約9300億円)は事故を起こした原発が廃炉となるまでの費用もセットで、これから具体的な訴訟が行われる予定です。

20150729052650pioi2.jpg
20150729052700oipi3.jpg

☆三菱重工に9300億円請求=原発事故めぐり-米電力
URL http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2015072800822

引用:
 三菱重工業は28日、米カリフォルニア州のサンオノフレ原発で起きた放射性物質漏えい事故をめぐり、電力事業者の米サザン・カリフォルニア・エジソン社(SCE)など4社が、事故原因となった蒸気発生器を製造した三菱重工に75億7000万ドル(約9300億円)の損害賠償を求める見通しになったと発表した。
 三菱側は、賠償額は機器の契約額である1億3700万ドル(約168億円)が上限だと主張しており、両社が対立している。
:引用終了
PR
【2016/11/05 10:53 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<「小麦アレルギーの子にもパンを食べさせてあげたい」から開発されたGOPAN(ゴパン)のことから始まるお話 | ホーム | 「塗るだけの断熱材ってスゴイ」から始まるお話!!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>