忍者ブログ
「『黄身返し』は江戸時代のレシピ本に載っていた」から始まるお話 ❣


「cookpad ニュース」に載っている、「黄身返し」の作り方について、

---転記始め---

「黄身返し」は江戸時代のレシピ本に載っていた

器土堂主人という人が書いた江戸時代のレシピ本『万宝料理秘密箱(1785年刊)』に、「黄身返し」が登場しています。レシピの内容は「卵の頭に針で穴を空け、味噌に3日間漬け込んだら、煮込みましょう(意訳)」とあるのですが、少々難易度が高く、成功率が低いらしい。しかし、今回見つけた方法は、どこにでもある道具を使って、簡単にできるそう!

---転記終わり---

   ・転記元は「cookpad ニュース」(ここ をクリック emoji

上記には、「少々難易度が高く、成功率が低いらしい。」と、記されていますが、現在の我々がチャレンジすることは、ほぼ可能性ゼロなのです。

と、言うのも、

江戸時代のレシピ本『万宝料理秘密箱(1785年刊)』に、「黄身返し」の中で紹介されている方法で使用する卵は、新鮮な 有精卵 でなければ駄目らしいのです。

鶏卵農家でもなければ、新鮮な 有精卵 の入手は、ほぼ絶望的です。

と、言うことで、
「少々難易度が高く、成功率が、低いらしい。」という結論になるらしいのです。

でも、

鶏卵農家から、新鮮な有精卵を手に入れるルートがあれば、是非、チャレンジしたい ❣

と閃いて、

新鮮な有精卵を手に入れることが出来そうなサイトを探すと、

下記のサイトが見つかったので、本ブログの記事に転記しました ❣

その記事が、
「1個150円の卵が売れる理由とは?」(転記記事)ここ をクリック emoji)です ❣

上記記事に記載の、壇上貴史さんの小さな養鶏場であれば、新鮮な有精卵を手に入れることが出来るのではないでしょうか ❣❓

そして、新鮮な有精卵を手に入れることが出来れば、

江戸時代のレシピ本『万宝料理秘密箱(1785年刊)』に従って、

「黄身返し」を成功させることが出来るのではないか ❣ と、
思います emoji

信じるか信じないか?

それは、あなた次第です ❣

本ブログで、保証するものではアリマセン ❣

PR
【2018/07/08 19:11 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<最新式の鍵である、指紋認証キーなら、子供が一人で、鍵を開けることが出来ます ❣ | ホーム | 「1個150円の卵が売れる理由とは?」(転記記事)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>