忍者ブログ
「三菱重工には天罰が下った ❣」から始まるお話 ❣



ブラック企業 である 極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 が、私の命令を無視した為、

ブラック企業 である 極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 に、天罰 が下り、


ブラック企業 である 極悪犯罪企業 三菱重工 は、


臨時株主総会が大混乱に陥った、東芝 の負債金額、1兆円を超える、2兆円の負債を抱えて、


事実上、倒産状況に陥った ❣

ここに記載の通り、

極悪犯罪企業 三菱重工 が納入した蒸気発生器が原因で、サンオノフレ原発が事故を起こし、
アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の電力会社から、75億7000万ドル(約9300億円)の損害賠償を求める裁判をおこされようとしているemojiemojiemoji




更に、

ここ に記載の通り、

極悪犯罪企業 三菱重工 製の新鋭大型コンテナ船 が真っ二つに破断して、沈没したemoji







 




それだけじゃ無く、

ここ に記載の通り、

極悪犯罪企業 三菱重工 製の豪華客船の建造に於いても、大赤字を出した ❣






---転記始め---

三菱重工、

大型客船の損失は決算書をどう変えた?

経営状況に与えた影響を見てみよう

ロケット、新幹線、戦闘機、エアコン、フェリー、原子力発電設備…

これらはすべて、三菱重工の作っている製品です。このように、三菱重工は高度な技術を要する製品を幅広く抱えている企業です。

そんな三菱重工の収益の柱となっているのは、まずは火力発電のガスタービンといったエネルギー関連、そして製鉄機械やコンプレッサなどの機械です。

 

三菱重工といえば、近年はMRI(ジェット旅客機)や豪華客船に関連したニュースが話題に上りましたね。実は、これらの事業は三菱重工の主力と言えるような規模ではありません

数え切れないほど並べられた製品ラインナップの中の1つなんですね。 

 

なぜ大型客船事業から損失が出たの?

豪華客船が大赤字になった理由

今回のテーマである大型豪華客船からは、なぜ損失が出たのでしょうか?

 

ニュースに取り上げられた豪華客船とは、2011年に世界最大手のクルーズ会社から受注した大型客船2隻です。

従来より、多様な船舶を作ってきた三菱重工でしたが、この規模の大型客船を作るのは10年ぶりだったそうです。そして、この空いた期間が、損失が生まれる1つの原因となったのです。

 

10年の間に客船の技術やトレンドも移り変わっていきます。

実際に客船の建造が始まってみると、受注時に想定していた以上に手間取り、工数も増えていきました。こうして、工事にかかる原価がみるみるまに膨らんでいったのです。

言ってしまえば、新しい技術と仕様を盛り込んだ豪華客船を建造するのに、当時の三菱重工ではあと一歩力が及ばなかったのです…(もちろん素晴らしい技術を持っている企業ですし、他の分野では世界有数の地位を築いています!)。

しばらく大型客船の受注を取り逃がしていたため、そのリスクをしっかり認識しないまま受注を急いでしまったことが、今回の損失につながりました。もともと、厳しい価格設定ではありましたが、ここまで損失が膨れ上がるとは思ってもみなかったのです。

 

どれだけ損失が出たの?

今回の大型客船2隻からは、いわゆる受注損失引当金(工事契約から見込まれる赤字をあらかじめ引き当てたもの)を計上したことにより損失が発生しました。これにより、受注した2011年度から完成直前の2016年度までにわたって、損益計算書に損失が反映されていったのです。

受注損失引当金とは…

受注した工事契約のうち、今後発生が予想される赤字の金額を負債に計上したものです。作業を進めるのを待たずに、赤字を認識した時点で受注損失引当金を計上します。

※今回の大型客船の場合、工事を進めるにつれて原価見通しが膨らみ赤字が増えていったので、複数年にわたって受注損失引当金(決算書では「客船事業関連損失引当金」という名称を使っています)が計上されました。

 

受注損失引当金を計上すると、計上した金額だけ売上原価に費用(損失)が計上されます。

※三菱重工の大型客船に関する受注損失引当金(客船事業関連損失引当金)の場合は、継続的な事業から発生する損失ではないと位置付けられたため特別損失に計上しています。

(中略)

【初心者向け】受注損失引当金とは何?その意味を1からわかりやすく解説します

2018.02.23

 

大型客船から生じたこれらの赤字額を累計すると、2700億円ほどです。

1案件から出る損失としては、かなりの規模ですね!カルビーやエービーシー・マートの売上高と匹敵する金額です。

 

この赤字が三菱重工の決算書にどのような影響を与えたのでしょうか?次のパートから見てみましょう

(中略) 

 

利益とキャッシュに与えた影響を見てみよう

赤字になった年はある?

巨額な赤字案件であったとはいえ、大型客船を受注した2011年度から引渡すまでの期間、三菱重工が年間で赤字になった年はありません

理由の1つは、そもそもの三菱重工の利益規模がとても大きいこと、もう1つは大型客船の損失が複数年にわたって計上されたことです。

三菱重工のここ数年の業績は、売上高で3~4兆円、税引前利益で2000億円前後です。日本有数の規模感を持つ三菱重工は多くの事業を手掛けているため、1案件の損失だけではそう簡単に利益はひっくり返りません。

 

しかし、もし大型客船の2700億円の損失が一度に計上されていたら…おそらくその年の利益は赤字になっていたと思います!

工事が進むにつれて徐々に原価見通しが膨らんでいったために損失が各年に分散され、結果として三菱重工は赤字転落を免れたのです。(初めから原価が見通されていれば、その時にまとめて損失が計上されます)

そう考えると、三菱重工にとってもかなりインパクトの大きい案件であったと言えます。

 

もしこの損失が無かったら、もう1段上の利益額を達成できていたのです。特に損失が大きく計上されていた2013年度~2016年度は、税引前利益ベースで1.2~1.8倍ほどの金額を達成できていたと考えられます。

 

キャッシュフローへの影響は?

実は、大型客船の建造に取り組んでいる間、三菱重工の売上高はどんどん成長していきました(3兆円弱から4兆円規模へ)。

この間、三菱重工は多方面でM&Aを繰り返し、企業規模をどんどん拡大していったのです。

一方で、本業から獲得したキャッシュを表す「営業活動によるキャッシュフロー」を見てみると、売上高に見合った成長を見せていません。この、キャッシュフローを停滞させた原因の1つが、大型客船案件なのです。

 

たとえ大型客船の契約金が前払いされていたとしても、建造中はそれをはるかに上回るキャッシュが出ていっています。そのため、大型客船の建造は「営業活動によるキャッシュフロー」をマイナス側に引っ張る働きをしたんですね。

M&Aで多額の資金を使っていたため、本当であれば本業からもっとキャッシュが欲しかったところだと思います。2016年度に行った横浜ビルの売却は、本業以外でもキャッシュを獲得しようとした動きの表れですね。

 

 

財務基盤に与えた影響を見てみよう

財務基盤は悪化した?

財務基盤の安定性を表す自己資本比率については、大型客船を建造している期間、大きく変動したということはありませんでした

自己資本比率とは…

企業が事業に使っている資金のうち、返済が不要な資金(自己資本)が占める割合を表します。自己資本比率が高いほど、返済期限に追われずに使える資金が多いのです。

---転記終わり---
   ・転記元は「三菱重工、大型客船の損失は決算書をどう変えた?経営状況に与えた影響を見てみよう」ここ をクリック emoji

この様に、
ブラック企業 である 極悪犯罪企業 三菱重工 には、天罰 が下った ❣

これら、ブラック企業 である 極悪犯罪企業 三菱重工 が抱えるに至った、負債金額の総額は、2兆円を超える莫大な額であり、

臨時株主総会が大混乱に陥った、東芝 が抱えた、負債金額 1兆円を大幅に超える莫大な金額である ❣


まさに、
天網恢恢疎にして漏らさずここ をクリック emoji

そのものである ❣


PR
【2018/06/22 18:03 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<トランプのジョーカがノーベル賞を受賞した時には、義務を課せ ❣ | ホーム | 現在の地球温暖化問題の元凶国 新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に、地球温暖化問題の元凶国としての責任を課すべし ❣>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>