忍者ブログ
「天は 犯罪者どもを見逃さない ❣」から始まるお話 ❣

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の

トランプ のジョーカー に、「ノーベル賞」だって emoji


米国のトランプ大統領と北朝鮮の金委員長、
ノーベル賞受賞なるか
は ここ をクリック emoji


だって、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の

トランプ のジョーカー は、

バラクオバマ前大統領が、

嘘をついて、「ノーベル賞」を受賞した

という、事実を証明した じゃないか ❣

バラクオバマ前大統領が、 

真に、「核なき世界」を目指していたのであれば、

臨界前核実験を中止する大統領令を出したはずでしょ

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA) が、

臨界前核実験を繰り返す理由は、

「核兵器を安全に維持するためのデータを集める為。」

って、言ってるじゃないか ❣❓

---転記始め---

米が臨界前核実験 オバマ政権で4回目
核安全保障局が発表
2012/12/7付


 【ワシントン=吉野直也】オバマ政権は5日、西部ネバダ州で核爆発を伴わない臨界前核実験をした。米エネルギー省の下部組織である核安全保障局(NNSA)が6日発表した。前回は2011年2月で、今回の実験はオバマ政権では4回目。

 臨界前核実験は核物質にレーザーを当てるなどして変化を調べるもので、核爆発は起きない。包括的核実験禁止条約(CTBT)でも対象外となっている。「核兵器なき世界」の追求を掲げるオバマ政権だが、核兵器を維持する姿勢を重ねて明確にした。

 米国の臨界前核実験は1997年以来、27回目となる。NNSAは今回の実験について「我が国が保有する核兵器の安全性や効率性の維持のための科学的なデータを得られるだろう」と指摘した。

---転記終わり---
   ・転記元は「核安全保障局が発表」(ここ をクリック emoji

もし、本当に、オバマが、「核なき世界」を、目指す気があるなら、

臨界前核実験の中止 と言う、大統領令 を出せば、

二度と、臨界前核実験は実施されなかったに決まってるじゃないですか ❣

でも、オバマは、「核なき世界」を、目指す気など皆無だったので、

臨界前核実験の中止と言う、大統領令を出すことは無かった ❣

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の

トランプ のジョーカー の功績は、

オバマが、嘘をついて、

ノーベル賞を受賞した ❣

という、事実を世界中にバラシタって、事だけ ❣

そして、

地球温暖化問題の元凶国である、
新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)

のパリ協定からの離脱を宣言して、

全人類に対して、宣戦布告したってことだよネ ❣

PR
【2018/06/29 23:25 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<東洋のシンドラーと呼ばれる、杉原千畝から始まる話 ❣ | ホーム | 「過去にも「反則いとわずやれ」の指示 日大アメフト部」[朝日新聞デジタル]>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>