忍者ブログ
「過去にも「反則いとわずやれ」の指示 日大アメフト部」[朝日新聞デジタル]
---転記始まり---

過去にも「反則いとわずやれ」の指示

    日大アメフト部

6/29(金) 19:32配信

朝日新聞デジタル

 日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、第三者委員会(委員長=勝丸充啓弁護士)が29日に開いた記者会見での主なやりとりは次の通り。

【写真】報道陣の前に現れた日大アメフト部の内田正人監督=2018年5月19日午後3時37分、大阪空港、筋野健太撮影

 ――内田氏と井上氏はヒアリングではどんな様子だったのか。

 「今回、第三者委員会が認定していることについては否定している。ヒアリングの回数については控えるが、丁寧にヒアリングして、私の方は反省していないなと思った」

 ――反則行為後のミーティングでの監督発言は。

 「『あのプレーは俺が指示した。何か言われたら監督の指示だと言え。責任は俺がとる』と、一人ではなくて複数の選手が証言した」

 ――今回だけではなく、過去にも反則を指示するような行為があったのか。

 「他の選手に対しても、反則をいとわないで積極的にやれという指示が多数なされていた。決して、この1度だけではない」

 ――学生からはどんな声が多かったのか。

 「選手・スタッフ145人を対象にアンケートをし、現時点で120人から回答があった。内田正人前監督、井上奨(つとむ)前コーチの指示・指導に意見を述べることができたかという質問に、約94%が『できなかった』と答えた。内田氏、井上氏と、(反則行為をした)選手の説明の食い違いについて、どちらが正しいと思うかと尋ねたところ、内田氏、井上氏の発言が『正しい』と回答した人は一人もいなかった」

 ――反則をした選手は、反則行為の指示を断れなかったのか。

 「アンケート結果の一部を紹介する。試合に出させる条件として反則するよう指示されたら従っていたかを尋ねたら、『従っていた』と答えた人が約3分の2。相当多数の人が、命じられたら同じようなことをしたと答えた。内田氏、井上氏の支配は相当強いものであって、相手をけがさせろと言われても断れないのが一般的な状況だった」

 ――アメフト部監督の公募についてどう考えるか。

 「公募という手続きがきちんとできるのかなと心配していた。今後はきちんとした選考委員会を設け、選手、OB、周りの人の声を聞いて透明性が明確に見える形で選考を進めていただきたい。これまで若干、不透明感があったのを挽回(ばんかい)してほしい」

 ――再建に向け、部内や学内に残る前監督の影響力を排除するのは容易ではない。第三者委はどのように行動をするのか。

 「報告書については来週以降、大学側に詳しい形で報告することになる。大学側としては、私どもの提言を真摯(しんし)に受け止めていただき、最大の努力を払っていただきたいと思う」(構成・土居新平)

朝日新聞社

---転記終わり---
   ・転記元は「朝日新聞デジタル」( ここ をクリック emoji

PR
【2018/06/29 21:05 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<「天は 犯罪者どもを見逃さない ❣」から始まるお話 ❣ | ホーム | スライドして開閉するトイレブース「Wavelet U」を発売 の記事 ❣>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>