忍者ブログ
  • 2018.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.05
「私の大発明はスゴイ」と言うお話のこと ❣

二酸化炭素を回収・貯留する技術とは?ここ をクリック emoji)に記載の通り、

---転記終わり---
現在のところ、火力発電所などの二酸化炭素(CO2)濃度が高い排ガスからCO2を回収し、地中などに貯留する技術は既に実用段階にあります。この技術は、化石燃料に頼らずに必要なサービス量を得ることができる持続可能なエネルギーシステムを実現させるまでの、つなぎの技術であるということをきちんと認識しておく必要があります。しかし、大気中CO2濃度の増加抑制には即効性の高い技術であり、当面の温暖化対策技術としては有望な選択肢のひとつといってよいでしょう。

二酸化炭素(CO2)を回収して貯留する技術:CCS

CO2を回収・貯留する技術は、二酸化炭素隔離貯留技術(Carbon dioxide Capture and Storage: CCS)と呼ばれています。火力発電所や製鉄所などの大規模発生源でCO2濃度の高い(7〜50%)排ガスからCO2を回収し、地中などに貯留する技術は既に実用段階にあります。大気中からのCO2回収は原理的には可能ですが、大気中CO2濃度はきわめて低い(約0.04%)ため、回収効率など多くの技術開発課題があり実用化にはほど遠い状況にあります。
---転記終わり---

上記に転記の通り、

「火力発電所や製鉄所などの大規模発生源でCO2濃度の高い(7〜50%)排ガスからCO2を回収し、地中などに貯留する技術は既に実用段階にあります。大気中からのCO2回収は原理的には可能ですが、大気中CO2濃度はきわめて低い(約0.04%)ため、回収効率など多くの技術開発課題があり実用化にはほど遠い状況にあります。」

この様に、大気中の二酸化炭素の削減方法は、現在は、無いと考えられている。

ところが、
天才である私は、大気中から二酸化炭素を回収する方法を発明した。
更に、地中に固定化する方法も発明し、固定化時に使う機械も発明した。

私が二酸化炭素を地中に固定化する機械は、江戸時代には使われていた方法を利用する。
では、江戸時代には使われていた方法はハイテクでしょうか❓

江戸時代には使われていた方法はローテクです❣

だから、
「もしや emoji
と、閃いた私は、私が発明した機械をネット検索したのです

すると、
ピンポーン emoji

私が発明した機械は、既に製造・販売されていたのです

二社が、それぞれ、別の目的で、製造・販売している機械があり、
これらの機械を買ってきて、
私が考えた使い方をすると、
「大気中から回収した二酸化炭素を地中に固定化できる。」
二社が、それぞれ、別の目的で、製造・販売している機械だから、名前も違うし、利用方法も全く違う。
でも、
私が考えた使い方をすると、
大気中から回収した二酸化炭素を安定的に地中に固定できる

ってことは、

大気中の二酸化炭素を削減できる ⇒ 地球温暖化問題を解決出来る ❣

こりゃ、
ノーベル賞受賞は間違いなしでしょ


これ程、スゴイ大発明を知っている、一流企業は、この大発明の発明者である私と守秘義務契約ここ をクリック emoji)を結び、
私の大発明の存在を守秘するとともに、
私の大発明の内容を守秘し続てけているのです ❣

PR
【2018/01/10 19:53 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<犯罪者 佃和夫には、天罰が下り、三菱は終焉の時を迎える ❣ | ホーム | 「USENは終わりか?」と言うお話 ❣>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>