忍者ブログ
日本人を救出するために戦火の中フライトしたトルコ航空 Vol.3
日本人を救出するために戦火の中フライトしたトルコ航空 Vol.2(ここ をクリック emoji)の続き



トルコはイラクの近隣に位置することから、陸路での脱出もできる自国民に優先して日本人の救出を計ってくれ、実際この救援機に乗れなかったトルコ人約500名は陸路自動車でイランを脱出した

トルコでは、救援機が日本人を優先的に乗せた事にはなんの非難も出ていなかった。多くのトルコ人が当り前だと思っていた

●救出劇の背景には100年前の出来事が

当時、なぜトルコが自国民より日本人を優先して救出したのか、日本政府も日本のマスコミもわからなかったという。その後、駐日トルコ大使はその理由を短いコメントで表した。

「エルトゥールル号の借りを返しただけです」

エルトゥールル号事件とは、明治23年(1890年)9月16日、トルコの軍艦エルトゥールル号が和歌山県大島樫野先付近で台風のため座礁し、機関が爆発して約500名の乗組員が死亡した事件で、日本は生存者を治療、看護し、イスタンブールまで送り届けた。トルコでは教科書にも載っている話で誰もが知っている歴史的事件。
http://p.tl/-WkQ

12

・転記元は「日本人を救出するために戦火の中フライトしたトルコ航空」(ここをクリック emoji
PR
【2017/12/09 20:55 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<極悪非道の犯罪者 佃和夫のデタラメな主張は、理解不能だ ❢ ❢ | ホーム | 日本人を救出するために戦火の中フライトしたトルコ航空 Vol.2>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>