忍者ブログ
江戸時代に日本近海のクジラ資源を乱獲した、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)❣
(本記事は、2018年08月15日に、全面書換しました ❣)

ジョン万次郎の生涯《土佐清水市観光協会》ここ をクリック emoji )には、ジョン万次郎の生涯 が、記されています。

ジョン万次郎の生涯《土佐清水市観光協会》に、記されている、内容を、

ジョン万次郎の生涯《土佐清水市観光協会》ここ をクリック emoji )に、転記したので、ご覧ください ❣


ジョン万次郎の生涯《土佐清水市観光協会》ここ をクリック emoji )に 転記の通り、

土佐の仲間とともに漁に出て、遭難して、数日間漂流した後、

太平洋に浮かぶ無人島「鳥島」に漂着して、救助を待っていた。

彼らを見つけて、救助したのは、

日本近海で捕鯨を繰り返していた 新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )捕鯨船ジョン・ホーランド号だ。

この事実からも解る通り、江戸時代に、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )は、

日本近海で捕鯨を繰り返し、

日本近海のクジラ資源を枯渇に追い込んだ。

この、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )に拠る、

乱獲 が無ければ、今でも、日本は、日本近海で捕鯨を行うことができたはずだ。

態々、大型の捕鯨母船を使って、南極海まで出かけて、捕鯨をする必要は無い。

江戸時代、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )は、

日本近海のクジラを乱獲して、鯨油だけを採ると、肉は捨てていた。

これに対して、日本の捕鯨は、鯨油だけでなく、クジラのあらゆる部位を余すことなく利用し、更に、捕獲したクジラに戒名を付けて、頂いた命に感謝を込めて、葬った。

乱獲を繰り返した、現在の反捕鯨国どもが、日本の歴史ある捕鯨にクレームをつけるのは、

笑止千万だ ❣
PR
【2018/02/25 14:47 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<山下江弁護士は、トットと、訴えを起こせばイイでしょ ❣ | ホーム | トランプのジョーカ―は、米兵の悪戯の損害賠償金を支払うべし ❣>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>