忍者ブログ
「天網恢恢疎にして漏らさず」から始まるお話 ❣

20世紀になり、石油の時代が来ると、アメリカは産油国として発展した!!ここ をクリック emoji)に記載の通り、

石油産業は、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)で生まれ、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)で、発展した。

また、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)は、二十世紀最大級の産油国でありながら、石油を輸入し続けるという、20世紀における、世界最大の石油の消費国であった ❣

従って、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)には、現在の地球温暖化問題を解決する義務がある ❣

だが、稚拙な、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の科学技術力 では、地球温暖化問題を解決できる訳が無い ので、

世界は、地球温暖化問題の元凶国である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の 地球温暖化問題の元凶国 としての責任を棚上げにしてパリ協定に合意したにも拘らず

地球温暖化問題の元凶国である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)の、新大統領に就任した、トランプ のジョーカー は、



パリ協定からの離脱を表明しただけでなく、「シェールオイル 、シェールガス を産出して、大気中に二酸化炭素をバラ撒き続ける、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に有利な国際条約の締結を目指す 」と、ほざいた emoji





【エネルギー】石油産業の構造① -供給の歴史:石油企業と産油国の150年ここ をクリック )に記載の通り、

---転記始まり---

石油産業はアメリカで始まりました。1850年代、日本ではペリー来航で江戸幕府が右往左往していた時代、アメリカではすでに鯨油を用いたランプ灯が使われ始めていました。当時江戸近郊に出没するアメリカ船も鯨油獲得のための捕鯨目的だったと言われています。時は1858年、日本で日米修好通商条約が締結されたこの年、アメリカ東部ペンシルバニア州で、弁護士エベレス、事業家ビゼル、その他富裕層投資家によってセネカ・オイル社という企業が設立されます。この会社が狙ったものは当時、アメリカで存在が噂されはじめていた地下に眠る石油の採掘でした。この企業に一人の男が偶然、投出資者の一員、そして採掘責任者として採用されます。それがエドウィン・ドレークです。彼は、後に「世界で初めて石油を発掘した男」と呼ばれることになる人物です。」

---転記終わり---



上記に記載の通り、

石油産業は、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)で始まった。それにも拘らず、誰も、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)が、産油国である事実を知らないのは、

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)が、世界最大級の石油消費国であるからだ ❣

言い換えれば、現在の地球温暖化問題の元凶国は、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)だ ❣

これ程、悪辣で、ジコチュー国家 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)を、これ以上 パリ協定に残せば

地球温暖化問題は、永久に解決できなくなる ❣

パリ協定の加盟国は、速攻で、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のパリ協定からの離脱を承認する だけでなく、

地球温暖化問題の元凶国 でありながら、地球温暖化問題の元凶国 としての責任を棚上げにして、世界中が合意したパリ協定からの離脱を表明しただけでなく、「シェールオイル 、シェールガス を産出して、大気中に二酸化炭素をバラ撒き続ける、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に有利な国際条約の締結を目指す 」と、ほざいた、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)のパリ協定からの離脱を承認するだけでなく、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)に係わる如何なる地方自治体、企業、個人の パリ協定への残留を認めず

新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)を、完璧に、パリ協定から排除すべし ❣

更に、
私の大発明の特許願い を盗み出そうと謀って、私がヤマダ電機ここ をクリック emoji)で購入した東芝製ノートパソコン にウィルスを仕込んだ 恥知らずの、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 を、刑務所にブチ込むべし ❣

これ程、卑劣極まりない、 恥知らずの、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 が、

「矜持という言葉を大切にしています。」

と、ほざく ❣

これ程、卑劣極まりない、 恥知らずの、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 の、

修道 、東大 の後輩である、山下江弁護士 であれば、

これ程、卑劣極まりない、恥知らずの、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 が、

「矜持という言葉を大切にしています。」

と、ほざく ❣

事実について、

地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私が、納得できるまで、

論理的且つ合理的に、解説してくれるのですよネ ❣

だから、

トットと、私のバイクの駐輪を妨害する為に、駐輪場の通路に、オートバイ 広島 C き 42-20を違法駐輪した、大馬鹿野郎の代理人となって、

地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私に対する訴えを起こして来い ❣

裁判は、公開が原則だから、

オートバイ 広島 C き 42-20違法駐輪した

大馬鹿野郎の代理人となって

訴えを起こして来い ❣



地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私に対する裁判は、抽選が行われるほどの大注目の裁判になるは必至 ❣


これ程、卑劣極まりない、 恥知らずの、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫修道 、東大 の後輩である、山下江弁護士 が、世界中から注目を浴びる機会になる ❣

嬉しいだろう ❣

だから、トットと、

オートバイ 広島 C き 42-20違法駐輪した、大馬鹿野郎の代理人となって、訴えを起こして来い ❣

そして、
「人類は、縄文時代以降、電気やガスが普及する昭和三十年代まで、五千年間、或は六千年間もの間、二酸化炭素を出す生活を続けてきたにも勝殻らず、
今から、極悪犯罪企業 三菱重工 製の原発を利用して、二酸化炭素を出さずに発電すると、地球温暖化問題は解決出来る。」
と、ほざく、

これ程、卑劣極まりない、 恥知らずの、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 のデタラメな論理を、

地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私が、納得できるまで、

論理的且つ合理的に解説してくれ ❣

何故、一流企業だけは、原発を建設する気が無いのか ❓

その理由は、一流企業だけは、私の大発明の存在を知っているからだ ❣

その理由は、一流企業だけは、私の大発明の詳細を知っているからだ ❣

だが、一流企業は、知的財産権を尊重する ので、

大発明の発明者である、私と、この大発明に係わる、守秘義務協定 を結び、

私の大発明の存在、私の大発明の詳細を守秘し続けている ❣

だが、一流企業は、

私の大発明の存在、私の大発明の詳細を知っているので、

原発を建設する気など無い ❣

上関原発の建設予定地の現状を見ましょう ❣(転記記事)ここ をクリック emoji

上記の記事を見て、一流企業が原発を建設する気がある と思いますか ❓

一流企業だけは、原発を建設する気など皆無です ❣

その理由は、一流企業だけは、私の大発明の存在を知っているからです ❣

その理由は、一流企業だけは、私の大発明の詳細を知っているからです ❣


だから、

一流企業だけは、原発を建設する気など無い ❣

この事実を見ても、

これ程、卑劣極まりない、 恥知らずの、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫修道 、東大 の後輩である、山下江弁護士 には、私の大発明の存在を信じることが出来ませんか ❓

私の大発明があれば、地球温暖化問題は解決出来る ❣

世界中の科学者が、「地球温暖化問題の解決策など無い。」と言うが、

私の大発明 があれば、地球温暖化問題は解決出来る ❣

だが、

一流企業は、知的財産権を尊重するので、

この大発明の発明者である、私と守秘義務協定を結び

私の大発明の存在、私の大発明の詳細守秘し続けている ❣

これ程、論理的且つ合理的に説明しても、

私の大発明の存在を信じることが出来ない ❓

極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 は、

私の大発明の存在を信じることが出来ない ので、

極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 は、私の命令を無視した ❣

その結果、

極悪犯罪企業 三菱重工 は、2兆円の負債を抱えて、事実上企業破綻した ❣

そして、犯罪者どもは、天罰を受けて、地獄 に堕ちる ❣

天網恢恢疎にして漏らさずここ をクリック emoji


天罰から逃れる術は無い ❣
PR
【2018/03/11 18:38 】 | みんなが知らないこと | 有り難いご意見(0)
<<新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)を許すな ❣ | ホーム | 新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)は地球温暖化問題の元凶国だ ❣>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>